蟄虫啓戸(すごもりのむしとをひらく)でヒグマも目覚める

0038.jpg
3月にもなると雪が減っているので鹿も逃げ足が早いのですが、
群れをなして山のなかを走っておりました。エゾジカはでかいので
この大きさでもバンビちゃんのようです。

009_2017030617570056d.jpg
山のなかにあった鹿の寝床。木の皮をめっちゃ食べています。
これでこの木は枯れてしまうです。
農業被害ではない鹿の被害を初めて見たです。
028_20170306175644364.jpg
鹿の通り道を見つけてその先を見ると鹿がいる、ということに
一時間ほど経ってから気がつきました。ハンターのおじさま方は
木の間にいる鹿を見つけられる「鹿目」を持っているのかも。


昨日は二十四節気の啓蟄。
今日は七十二候の蟄虫啓戸(すごもりのむしとをひらく)である。

天気予報で話題になるのは二十四節気だが、
七十二候とはその二十四節気をさらに5日おきに分けたもの。
より細かい季節の変化を表している。

「すごもりのむしとをひらく」とは、冬眠中の動物が目をさます頃、
という意味だが、「啓蟄」のなかにはその他「ももはじめてさく」、
「なむしちょうになる」と続く。なんか美しい言葉である。
いずれにしてもなんとなくもぞもぞし始める季節ということであろう。

さて、知床に鹿猟の取材に行ってきた。

スノーモービルで爆走しメス鹿を3頭ゲットして戻ってきたら、
同行しなかったハンターのおじさまに「クマの足跡あったかい?」と聞かれた。

「えええええーと、えと、気づきませんでした」とわたくし。
「んー、まだなかったよ」とハンターのおじさま。

まだ3月なのに冬眠から出てくるんかと、非常に驚いたが、
ヒグマは3月になると穴から出てきてあちこち歩き始めるらしい。

子どもを産んだメスのヒグマはいきなり遠くへ行くことはなく、
穴から出たり入ったりして子どもを外に慣らしていくが、
オスは出たら一気に遠くへ歩いていく。

いずれにしてもそれらとばったり出くわすとちょっとどうなの、
もしかしてレヴェナント? 知らずに山の中を爆走していたが、
ハンターのおじさま方は理解して爆走していたらしい。ひー。

そしてわたくしは翌日時間つぶしに入った知床博物館で、
ヒグマに出会ったらどうすればいいかというマニュアルを見つけた。

067_20170306175638ce6.jpg
手の骨というか爪にビビるわたくし。こんなのに軽くはたかれたら
顔全部持っていかれるよねー。

066_201703061756403c4.jpg
オスのヒグマが立ち上がるとこんなんです。
ツキノワグマとわけが違います。目潰しもムリそうです。
たぶんおーやまますたつ先生でもムリだと思います。


50mくらい向こうにヒグマがいてこちらに気づいていない場合、
すぐそばにいて襲う気満々で向かってきた場合、
銃を持ってるけどクマを撃つつもりがなかったのに会ってしまった場合、
等々、ありとあらゆるシーンを細かくこまかーく想定し
ああしろこうしろ、こうしてはいけないあれもダメ、と書いてある。

目があっても見てないふりをして立ち去る、
ヒトがいることを教えて立ち去る、などはまだできそうだが、
クマを撃つ目的で来ていない狩猟中にヒグマにバッタリ出くわしたら、
「初心者はやみくもに撃つとやられますから撃たないこと」と書いてある。

「かえって手負いにして攻撃的になり」ですってよ、みなさん。
レヴェナント(※)そのままである。うううううう。こわいよー。

博物館の外は吹雪でわたくしはへなちょこなバッグしか持っておらず、
540円のマニュアルはペラペラの紙に自分で印刷した的なもので
バッグに入れると折れるし買う気がしなかったのだが、今わたくしは
このへなちょこな紙のマニュアルを買わなかったことを後悔しているのだった。

なぜなら、今年の秋、エゾライチョウ撃ちに連れてってもらうからである。
エゾライチョウは10月中旬ごろから山に出て来るのだ。
そしてその時期はちょうどヒグマも山の中をうろうろしているのだ。

そしてそしてわたくしは、ヒグママニュアルの異常な細かさを見て
ゲラゲラ笑っているときには、このことに全く思い当たらなかった。

この日は知床自然センターでも「ヒグマキケン情報」を見学し、
わたくしの脳にはヒグマ情報がさらに蓄積されていった。
そしてエゾライチョウ=10月=ヒグマ=バッタリ会う可能性と
脳内のシナプスが繋がるのに丸一日かかり、
帰りの空港で愕然としてしまったわたくし。アホですか。

063.jpg
知床博物館で初めてエゾライチョウを見ました。
ほんとに林道をふらふら歩いているのかしら。
今年の秋が楽しみです。

0026.jpg
屈斜路湖畔から山に上がっていって屈斜路湖を眺めております。
が。なんていう山なのか全くわかりません。現在は
美しい風景を堪能しわたくしの内部には大自然がいっぱいです。


あああああああ買えばよかったー。

ということでネットを検索してみたら平成12年版を見つけました。
http://outback.cup.com/bear_resistant_manual.html
売ってました。
http://shop.shiretoko.or.jp/104396/7.1/913/

秋までには購入して丸暗記しておきたいところであります。

っていうか、バッタリ出会って向こうがやる気まんまんだったら
わたくし的に生き延びることは不可能なような気がするので、
しれとこ財団の方が90%は撃退できると言う熊スプレーを
高いけど買って持っていこうっと。
(残り10%がどうなったか気になるが不明であります)

※レヴェナント
レオ様が昨年念願のアカデミー主演男優賞をゲットした映画。
冒頭にレオ様がハイイログマ(グリズリー)に襲われるのですが、
そのシーンでクマに襲われたらどうなるか何が起きるのか、
想像しかできなかったことが明らかになり心底怖くなりました。

わたくしの大好きなトム・ハーディ様も出ていますが、
よーく見ないとわかりません。というか、誰が誰だかよくわかりません。
さらに、クライマックスシーンでトム・ハーディ様がかぶってる
ビーバーのかわゆい帽子が気になって集中して見られませんでした。

映画館で見た方が良かったです。


★現在ブログランキング参加中です!
↓プキッとクリック、ご協力お願いいたします!



こちらもよろしくお願いいたします!
にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
にほんブログ村
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ほんたべ

Author:ほんたべ
手島奈緒
おいしい食べものをつくる人を紹介したり応援したりしております。ブログをまとめた著書『いでんしくみかえさくもつのないせいかつ』(雷鳥社)『まだまだあった! 知らずに食べてる体を壊す食品』(アスコム)『儲かる「西出式」農法』(さくら舎)など。現在ハンター修行中。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
リンク
FC2ブログランキング
FC2ブログランキング参加中

FC2Blog Ranking

フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR