ベリーショートにしたくなる理由はテストステロンのせい(想像)

img297.jpg
1988年奈良鹿とわたくし。この絨毯のような髪の質感をご確認ください。
お金がなくてカットに行けないからのばす&洗髪後乾かさず三つ編みで寝て
ウエーブを出すという貧乏疑似パーマ。何もかも貧乏のせい。



幼いころから髪の毛が太く量も多かったわたくしです。

ポニーテールにすれば石川五エ門と言われ、
冬の夜はいついつまでも乾かない髪の毛でからだが芯から冷え、
夏は背中に毛皮をまとったような暑さで癇癪が起きる、等々、
この髪質で何ひとついいことないと思っていた50年間でした。

しかし最近「髪の毛の質が良くていいっすねー」と
美容師のお兄さまに言われるようになってきました。
なぜなら女性は閉経後、相対的に髪の毛が細くなり、
どうかすると抜け始める方もいらっしゃるのです。

十数年通っている美容室のお兄さまも寂しい感じになっており
加齢とは髪の毛に冷たいものよのう、と思わざるを得ません。

現在じょじょに「フツーの髪質」になりつつあるわたくしは、
今ならポニーテールをしても石川五エ門にはならず、
フラッパーにしても「きのこが歩いてる!!」とか笑われずに済む、
ということでしょう。

しかしそんなことはもうできない、と確信しています。
なぜなら「めんどくさい」からです。

長髪だったころ風呂上がりのドライヤーに15分かかっておりましたが
ある日ふと「この日々の15分はわたくしの人生の何分の一になるのか」
と思い至り、髪の毛を乾かすことにそのような時間を取るのはヒジョーに

無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄アアアアア!!!(JOJO風)

ってことでそれ以来「長髪」という選択肢はありません。

ショートにしてふんわりパーマナチュラルヘア的なのも憧れますが、
たぶん剛毛&多毛なのでそういうのには絶対ならないし、
なったとしても毎日ムースでスタイリング、なんてのもムリです。

髪の毛にかける時間は5分以内!!!

ココ10年のヘアスタイルの基本はこれです。

このような方は50代になるとかなりの確率でいらっしゃるようで
同世代で長髪&パーマの人がほとんどいないことからもよくわかります。
長くてもセミロングって感じです。

1990年から時が止まってしまっている前髪ビッグウエーブソバージュ、
という人をときどき銀座で見かけますが、そういう方を別にして
急激に長髪パーマ率が減るのはやはり髪質の変化によるものでありましょう。

艶がなくなりほぐれた毛糸のようになってしまうのはまだしも、
薄くなってしまう方もいらっしゃいますが、これは
男性における薄毛と同様の原因で起きるようです。

女性の体内ではエストロゲンというすんばらしいものがつくられていますが、
テストステロンという男性ホルモンもつくられています。
エストロゲンは主に卵巣で、テストステロンは副腎で生成されます。

エストロゲンは破骨細胞の抑制・骨芽細胞の活性化、LDLコレステロールの減少、
動脈の拡張などで女性のからだを守ってくれています。

卵巣が役割を終えることにより、つくられるその量はガクッと減り
閉経となり更年期に入り動脈硬化リスクが跳ね上がるわけですが、
エストロゲンの減少後もなんとテストステロンは副腎で生成され続けます。

そして薄毛の原因はテストステロンから合成される
ジヒドロテストステロンにあります。
エストロゲンはなんとこの生成の抑制もしてくれていたのですよ。
なんてすばらしいんだ!!! エストロゲン!!

つまり薄毛の一因にエストロゲンの減少がある、ということなのです。さらに
体内では変わらずテストステロンはつくられており、優位になっているわけですから、
閉経間際の女性が長髪をバッサリ切ってしまうのは、
体内のホルモンバランスのせいと考えると納得できるでしょう。

つーことで、楽ちんヘアスタイルにしたくなるのは生理的に当然なのですが、
その先にも2種類あり、どの道を行くかはその人によります。

まずベリーショート、もうひとつがかけっぱなしパーマ。

ベリーショートにも、オサレショートと丸刈りの2種類があり、
60歳あたりで進む道が分かれるようです。かけっぱなしパーマは
パンチパーマが伸びたようなもののことで、
どちらも農村部に行くと高確率で見かけることができます。

オサレ→ベリーショート
見ためよりも手間→丸刈り・パンチパーマ
ということでしょうか。

実はわたくし先日襟足の3センチほどの髪の毛が暑くて許せなくなり
とうとう刈り上げてしまいましたが、その際に担当の美容師のお兄さまに
上記の話を切々とされたのでございます。「この一線だけは超えないで」と。

「刈り上げは甘めにしときましたから、あとかわいい感じにしときましたから」
と、何度も何度も言われまして、いかに彼がわたくしの行く末を案じているか
大変とてもよく理解できた次第です。

数年後のわたくしはごま塩頭で丸刈りのオッサンになっているか、
まっしろな髪のベリーショートのマダムになっているか。どっちに進むか、
そのときのエストロゲンとテストステロンのバランスによるのかも。

ますますエストロゲン様物質(豆腐・納豆)を食べ続けなくては!!!!
と心に誓うわたくしでした。

テストステロンがどのように薄毛に関連しているかご興味のある方
http://sd-beaute.angfa-store.jp/column/usuge-kaizen/4009.html
「女性のための薄毛・抜け毛予防と改善法」アンファー予防医学
※ちなみに男性性の薄毛は「ミノキシジル」という治療薬があり、
市販薬では「リアップ」に含まれているそうです。女性用のもあります。


★現在ブログランキング参加中です!
↓プキッとクリック、ご協力お願いいたします!



こちらもよろしくお願いいたします!
にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
にほんブログ村

関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ほんたべ

Author:ほんたべ
手島奈緒
おいしい食べものをつくる人を紹介したり応援したりしております。ブログをまとめた著書『いでんしくみかえさくもつのないせいかつ』(雷鳥社)『まだまだあった! 知らずに食べてる体を壊す食品』(アスコム)『儲かる「西出式」農法』(さくら舎)など。現在ハンター修行中。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
リンク
FC2ブログランキング
FC2ブログランキング参加中

FC2Blog Ranking

フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR