ほんたべ農園4本仕立トマト現状報告と道法メソッドの不思議

20156021_1407233652717140_5563307627971604101_n.jpg
紫色かなんだかわからない色のミニトマトの苗を買ってしまい、
取りどきがちっともわからないので過熟になったり早取りしたりしています。
しかもなんか独特の酸味があってフツーのミニトマトの方がおいしいの。
珍しいものは買うべきではないわよねと激しく後悔中。



ほんたべ農園では今までトマトは最高で8段しかとれたことがありません。
主な理由は支柱の高さが足りないせいであろうと思っている次第です。

施設でのトマト栽培は、上部に吊り下げて横にずらす式などで
トマトの木をどこどこまでもいついつまでも伸ばすことができます。
オランダのトマトハウスはチョー背が高いそうですが、
それもトマトの木をどこまでもどこまでも伸ばせるからでしょう。

病気や虫にやられて木が傷まなければトマトはいつまでも生育します。
わたくしの師匠・西出隆一さんは、いつまでトマトが取れるか実験し、
1年以上トマトを収穫したことがある、とおっしゃっていました。

冬場のボイラー代が合わないからビジネスにするにはバカらしい
とのことですが、木さえ元気で環境が整えば未来永劫収穫できるのです。

しかし吊り下げる天井のない露地であるわたくしのほんたべ農園では、
支柱のてっぺんまで生育したらその後何をどうしても着果がうまくいきません。
これはわたくしが下手くそだからで、上手な方は2本取りにして
さらにツル下ろしもして20段ほど取るとのことです。神ですか?

ということで、トマトが8月上旬に支柱のてっぺんまで生育したら、
あきらめて倒して秋作のは種をしておりました。

アホほど高い支柱を使うなども考えたことがありますが、
アホほど高い支柱はわたくしの車には乗りませんし、価格も高いのです。
そこで段数を稼げる連続摘芯で、過去最高の8段収穫することができました。
西出先生も過去この方法で25段取りをされていたとのことでした。

しかしこれは手間がかかることに加え、途中でわけわかんなくなります。
ってことで、へなちょこ家庭菜園家には向かないとつくづく思い知りました。

そして今年。

上に伸ばせないのなら、枝を増やせばいいじゃないか、という発想で
総合的に段数を稼げる道法メソッドの4本仕立にチャレンジしております。

20228226_1407233649383807_5016296953947244903_n.jpg
本日収穫分と合わせてトマトジュースに加工。
ぜいたくトマトゴールド(黄色いやつ)だけでラタトゥイユをつくったら
当然だけど黄色いラタトゥイユができておいしくなさそうでした。
やっぱトマトは赤がいいと思います。


家庭菜園レベルのトマトは通常1本仕立てですが、ハウスなどでは2本です。
結果枝以外の脇芽は全てかきとります。なぜならよぶんな枝が伸びると
大切なところに養分が行き渡らないからです。

6月上旬、区民農園のじいさまと話していたら「樹勢がいいときは
露地でも2本仕立にしてもいいよね」とおっしゃっていました。
このじいさまはアホほど高い支柱でトマトを栽培しており、
通常でも8段は余裕で収穫しておられます。大変とても上手なのです。

そしてわたくしの4本仕立てを見て「ムリ」と一言おっしゃいました。
「すべての枝をぎゅーっと支柱に縛りつける自然栽培の人に教わった」というと
ふふふんと鼻で笑われたのでありました。ううううう。ってことで、
じいさまたちの注目を浴びつつ4本仕立トマトがスタートしたのでした。

トマトの木はとくに肥料はなくてもどんどん大きくなりますが、
肥料が多いと木が暴れて手に負えなくなり病気が入ったりします。
自根と接木でも差がありますが、わたくしの場合はいつも6月下旬あたりで
生育が悪くなるやつが1本ほど出てきます。無肥料でスタートしても、です。

今回は7本あるうちの2本の具合が悪くなり脇芽が出なくなりました。
具合が悪いのは自根一本、接木一本なので、土壌病害のせいではなさそうです。
接木トマトは下から主枝に5段、次の脇芽に4段、次の脇芽に3段ついています。
一番最後に出た脇芽は樹勢が弱く、1段ついたところで花ぶるいを始めました。

しかし樹勢のいい主枝には6段目が着果しようとしており、
現時点で13段着果しております。

じじじじじ、じゅうさんだん? ひいー(゚∀゚)

自根の一本は10段ほどつけて「息も絶え絶え、もーダメー」
ってな感じになってはいますが、それでも今までの8段よりはいいのです。
そして全てのトマトが支柱のてっぺんに到達しました。おそらく終了でしょう。
しかししつこいようですが、じゅうさんだんついているのです。

気になる食味はとくに糖度が低いわけでもなく現時点でまだ6度。
そのうち5度台の「トマ」になるでしょうが全然食べ切れなくて
トマトジュース製造工場状態なので「トマ」でも全然かまわないのです。

20245529_1407233639383808_1259542313840880131_n.jpg
自家製のトマトで自家製のトマトジュースという
自己満足の極み的な加工品ですが、素直においしいです。
スパイスを入れたりハーブを入れたりしてオリジナル味の試作中。



しかし不思議です。

ちょびっと入れた元肥はたぶんすでに使い切っているでしょう。
空から降ってくる雨のチッソ分で生育しているのでしょうか。

それとも植物ホルモンが活性化し肥料なしで元気に生育しているのでしょうか。
ではチッソは? チッソは必要ないのでしょうか。他の要素は?
わたくしにはちっともわかりません。が、今までにない状態である、
という厳然とした事実を前に、若干混乱している状況でもあります。

実際には縛りつける手間がけっこうかかりますし、
大量のトマトを栽培していたらとてもやってられないでしょう。しかし、
家庭菜園で10本ほどつくるにはおすすめのやり方だと思います。

そしてわたくし的は「上に伸ばせないなら本数増やせば?」
という発想の転換を持てなかったことに自らの限界を感じ
ちょっとというか、かなりガッカリしている次第です。

やっぱ世界を変える人は違うよなーとわたくしのトマト感を変えた
「道法メソッド」に恐れ入っているのでありました。


★現在ブログランキング参加中です!
↓プキッとクリック、ご協力お願いいたします!



こちらもよろしくお願いいたします!
にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
にほんブログ村
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

紫色かなんだかわからない色のミニトマト

「紫色かなんだかわからない色のミニトマト」というのはブラックチェリーという品種でしょうか? であれば、写真のはまだ早いのでは。肩の緑色の青々しさがなくなった頃がいいと思いますが、普通の赤いミニトマトの甘さとは違う美味さでした。その頃の実の色はどす黒い赤色です。ある意味わかりやすいとは思うんですが。自分は好きな品種です。

トマトはハイポニカの木を一度直接見に行きたいなと思っています。営利栽培としてなら適当なところでバランス取らないと採算性悪いと思いますが、ファームのシンボルツリーとしてならありかなと。

Re: 紫色かなんだかわからない色のミニトマト

H2さん、こんにちは。

> 「紫色かなんだかわからない色のミニトマト」というのはブラックチェリーという品種でしょうか? であれば、写真のはまだ早いのでは。肩の緑色の青々しさがなくなった頃がいいと思いますが、普通の赤いミニトマトの甘さとは違う美味さでした。その頃の実の色はどす黒い赤色です。

おお、ありがとうございます。
というか品種名も失念しまして、なんだったんだか。。。

ともあれ、もう少し木につけといてみます。

苗がとてもいい苗だったので、つい買ってしまったんですよね。。。。。

>
> トマトはハイポニカの木を一度直接見に行きたいなと思っています。営利栽培としてなら適当なところでバランス取らないと採算性悪いと思いますが、ファームのシンボルツリーとしてならありかなと。


マルシェなどでいろんな色のトマトがセットで売ってるのありますよね。
かわいいなと思っていましたが、実際に料理してみると
なんかなーって色で、おもしろいけどなんかなー、って感じでした。
あんまりおいしそうじゃないのです。

頭が「トマトは赤」と思ってるのでしょう。違和感がありました。
人間って不思議ですねえ。

No title

赤いトマトの中のピンクが混ざったような色になぜなるのですか。うちの大玉のトマトがこの色で、食する元気が出なくなるのですが。3年前から手島さんのもみ殻などを使用したものに変えて色々な野菜が出来るようになった(それまでは夜の庭で本が読めるほど街灯が明るいので出来ない野菜があった)のですが、トマトだけが踊り暴れています。昔から3本仕立てで6段から10段だったのですが、今は茎に窓が開き、葉は踊りくねって5~6段でやや酸っぱく微妙な味。やはり土壌検査が必要ですかね。

カラフルトマトセット

カラフルトマトセットはまぁ目で食べるものかと。
ちゃんと熟れてれば、それぞれ味わいも違って面白いとは思いますが。

「料理」ってどんな加工をされるんですか?
トマトって自分的には生食のみなので、せいぜい切る程度です。
トマトジュースは全くダメ、ケチャップ系も苦手です。
生で食べるのは大好きですが、おかずにはなりませんね。

Re: No title

こんにちは。コメントありがとうございます。

> 赤いトマトの中のピンクが混ざったような色になぜなるのですか。うちの大玉のトマトがこの色で、食する元気が出なくなるのですが。


どんな色合いかわからないのでなんとも言えませんが、糖度が低そうですね。
糖度計をお持ちなら計ってみるといいかもです。
ハウスのトマトで、そろそろ終わり頃のトマトがよくそんな色になります。

ウチのトマトはそういった色にはあんまりならないので、
はっきりとした理由は不明ですが、うまく生育していないのかも。
でも収穫できてるならちゃんとできてるのかも。


> トマトだけが踊り暴れています。昔から3本仕立てで6段から10段だったのですが、今は茎に窓が開き、葉は踊りくねって5~6段でやや酸っぱく微妙な味。やはり土壌検査が必要ですかね。


その感じはチッソが多そうですねー。

トマトの施肥ってむずかしくて自分もあまりよくできたためしがなく、
ひとさまにアドバイスなどできない感じです。

ただ、今回の4本仕立は元肥にちょびっとやっただけで無施肥でよくできています。
さすがに支柱のてっぺんまで来たら息も絶え絶えみたいな感じになり、
葉っぱが黄色くなってきましたが、着果はしつこくしてるので不思議です。

土壌分析をしてもいいと思いますが、元肥を少なめにして様子を見てみては。

Re: カラフルトマトセット

H2さん、こんにちは。

> カラフルトマトセットはまぁ目で食べるものかと。
> ちゃんと熟れてれば、それぞれ味わいも違って面白いとは思いますが。


熟度の上がった紫色のミニトマトを食べてみましたが、
酸味が特徴のようですっぱいのです。
食用ホオズキのおいしくないのを食べてるみたい。
二度と作らないぞ。

>
> 「料理」ってどんな加工をされるんですか?
> トマトって自分的には生食のみなので、せいぜい切る程度です。
> トマトジュースは全くダメ、ケチャップ系も苦手です。
> 生で食べるのは大好きですが、おかずにはなりませんね。


トマトはラタトゥイユやインド風のルウを使わないカレーで必須なので、
主に料理に使うため、大玉トマトを生で食べることはまずありません。
ウチのカレーは市販のルウを使わないので、大玉トマトが取れてる間はよく作ります。

あとトマトソーススパゲッティも生トマトからつくります。
ひとり分1個、あとナス1個使うので、最近トマトとナスが取れてるのでお昼はこればっか。
トマトだけだと生臭い味になるので、オレガノを使うのがミソです。
バジルのほうが香りがよくておいしくなります。赤唐辛子もマストです。

サラダにはミニトマトを使います。
モッツアレラチーズとアボカドと玉ねぎをオリーブオイルとバルサミコ酢であえる、
みたいなのとか、ブルスケッタとかにもミニです。

ミニトマトが大量に取れた場合はドライトマトにすればいいと去年教わり、
今つくってみています。
炎天下の車のなかに置いとくとさっさと乾いて便利です。

ドライトマトはスパゲッティとかペーストにしたりとか、
クックパッドにうまそうなレシピが紹介されてます。
プロフィール

ほんたべ

Author:ほんたべ
手島奈緒
おいしい食べものをつくる人を紹介したり応援したりしております。ブログをまとめた著書『いでんしくみかえさくもつのないせいかつ』(雷鳥社)『まだまだあった! 知らずに食べてる体を壊す食品』(アスコム)『儲かる「西出式」農法』(さくら舎)など。現在ハンター修行中。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR