【予言】あと20年で「タネありぶどう」絶滅?(泣)

21192480_1449062355200936_1538312211160847637_n_201709011241067cc.jpg
昨日いただいた電子技法&無肥料無農薬ジベつけのみの高尾。
すげーなー。農薬散布なしでこんなに美しい房になるとは。というか
電子農法をやってる人が山形県にいらっしゃったとは知らなんだ。



大好きなぶどうシーズンが始まりましたよひゃっほう!

心ウキウキでシーズン最初のぶどうを食べて産地に電話して
なんだかとても悲しい話を聞きました(泣)。つーことで、
その悲しい話を書いておきたいと思います。

最近ではお盆過ぎからスーパーで種なし巨峰を見かけます。
現在はシャインマスカットとタネなしピオーネが山積みになっております。
並んでるのはほぼタネなしぶどうです。なぜでしょう。
それはタネありぶどうの人気がないからです。

タネなしぶどうは皮さえむけばつるんと食べられるし、
シャインマスカットにいたっては皮ごと食べられます。

皮むくのめんどくさい! タネ出すのはもっとめんどくさい!!
と言う人のニーズにバッチリ答えた商品だとも言えます。
だから人気があるのでしょう。とくにシャインマスカット。

これはたぶんナスからトゲがなくなったとか、
きゅうりのイボがなくなったとかいう世の流れとも言えるでしょう。
より楽な方、易きに流れるとはこのことでありましょう。

しかしちょっと待て!!! とわたくしは言いたい。

シャインマスカットはタネなしとして開発された品種で
タネありをつくってる人はあまりいませんが、
巨峰はそもそもタネありの品種ですからタネありをつくってる人がいます。

というか、巨峰はタネありのほうが絶対においしいよね、と
ぶどう農家は口をそろえて言いますし、わたくしもそう思います。
意地でも巨峰はタネありじゃないと、と言う農家もいます。

巨峰でなくとも、タネなしとタネありと比較した場合、
すべてのぶどうはタネありのほうがおいしいのです。
デラウェアはタネがない品種だと思ってる人のほうが多いでしょうが、
タネありデラウェアなどはめっちゃおいしいのです。
むずかしいので現在はワイン用でしかつくられていないようですが。

んで、その理由は意外と単純です。

21191845_1449062348534270_4762125476066245122_n_20170901124108aca.jpg
巨峰よりもおいしいとか言う人が多いタネなしピオーネ。
ピオーネのタネありつくってる人いないかなー食べてみたい。
無肥料だから市販のピオーネよりも粒が小さめ。美しいぶどうです。



タネなしぶどうは花に植物成長調整剤(いわゆる植物ホルモン剤)を
ちみっとつけて、無核化(タネなし)処理をします。
その後しばらく経ってからもういちどちみっとつけます。

最初は無核化、次は果実の肥大目的です。
これによりぶどうの果実はタネなしになり、品種によっては
ピンポン玉のようなでかい粒ができあがります。

タネなし処理をするとぶどうは生育が早まるので、
タネありぶどうよりも2週間ほど早めに収穫できます。
それが本来は9月収穫の巨峰が8月下旬に出荷できる理由です。

タネなしは生育が早いぶんその品種のもつ本来の味が出ない、というか
甘いけど奥の深い味にはならないというか、とにかく、
タネありのほうが香りも味もその複雑さもはるかにすんばらしいのです。
おそらく「タネが入る」という根本的な部分にも理由があるに違いありません。

が、しかし。

頑なにおいしいぶどう=タネありを作り続けてきた、その農家の心が
ポッキンと折れるようなことが起きていると聞きましたのです。

「タネありよりも食べやすいタネなしがいい」by直送販売の固定客。
JAや市場ならば「勝手に言っとけ」的な話ですが、自分のお客さまです。
「種ありのほうがおいしいのに」と思いつつ、しょうがないから
来年からタネなしにすることにした、という人が増えているのです。

なんてこった! ひいいーーーーー(泣)

「お客さまにおいしいもの届けたい」と、言ってみればめんどくさい
タネありぶどうを作ってきたその努力がお客さまの一言で全部無に帰す。
それはとても悲しい話です。他人事ながら立ち直れません。ううううう。

実はタネなしよりもタネありぶどうの方がはるかに栽培がむずかしく
タネありをつくってる人がタネなしをつくるのは簡単ですが、
タネなししか作ったことがない人がタネありをつくることはまずできません。
というかぶどうの木自体を変える必要があるので不可能と言ってもいいでしょう。

つまり一度タネなしをつくり始めたら元には戻れない、ということです。

21151512_1449062358534269_16782844580669665_n_20170901124109ed4.jpg
タネありの安芸クイーンは無肥料無農薬ではむずかしいらしくて
単為結果もしてたりしてこんな大きさ。ですが味はすばらしい!!!
無肥料無農薬でもタネなしならきれいな房ができるんだってのも
新たな発見。ってことはタネありをつくるのは相当むずかしいのでしょう。



わたくしがスーパーでタネありぶどうを見つけるのがむずかしくなるかも、
と予言した2012年からたった5年でこのようなことになるとは(泣)。
「タネありぶどうとタネなしぶどう、どっちがおいしい?」

今後は「農家直送販売」でもタネなし傾向は加速していくのでありましょう。

というかその農家に「タネありのほうがおいしいって人のほうが特殊」と
言われました。わたくしはすでに「特殊な人」なのです。ううううう。

タネありぶどうが絶滅するのにあと20年もかからないでしょう。
今こだわってやってる農家もすでに60代。農業できるのあと20年。
この世代がやめたら「タネなししかつくれない」世代しか残らないからです。

今のうちにタネありぶどうを食べて「いい思い出」をつくっておこう。
それにしても悲しい世の中になったもんです。


★現在ブログランキング参加中です!
↓プキッとクリック、ご協力お願いいたします!



こちらもよろしくお願いいたします!
にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
にほんブログ村
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ほんたべ

Author:ほんたべ
手島奈緒
おいしい食べものをつくる人を紹介したり応援したりしております。ブログをまとめた著書『いでんしくみかえさくもつのないせいかつ』(雷鳥社)『まだまだあった! 知らずに食べてる体を壊す食品』(アスコム)『儲かる「西出式」農法』(さくら舎)など。現在ハンター修行中。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
リンク
FC2ブログランキング
FC2ブログランキング参加中

FC2Blog Ranking

フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR