一生ものの伝統工芸品―山ぶどうのかばん

gsazou 02044
上野松坂屋で出店中の戸田寒風さん。後ろにいろんなかばんがありますよ。
持ってらっしゃるのは編み方の難しい変わり編みのもの。いや、お高いです。確かに。



『七緒』という雑誌をご存じでしょうか。

ターゲットはおそらく20~30代のリサイクル着物を楽しんでる着物女子。
すでに品とか格とかが求められる年になってしまったわたくしのようなオバハンには
少し若めの雑誌です。

年がいもなくこの雑誌を購読していた頃、知ってしまったどうしても欲しい一品。
それが山ぶどうのかばんでした。

生まれ故郷の西日本の中山間地、鳥取にはこのような伝統工芸品はなく、
40過ぎてから出会ったものですが、かわいらしくて美しくて、
いっぺんに好きになってしまったです。

で、この山ぶどうのかばん、2年前に入手しました。
さてそのお値段はいくらだったでしょう?

skaban1.jpg
ころんとした丸い口もと、幅、高さのバランス。一目ぼれしてしまった山ぶどうのかばんです。
たくさんある中から「私を買って!」と声をかけてきた、世界にひとつしかない私だけのかばん。
自己満足の世界ですなあ…。



答→65,000円

ぐわっ! なんでそんなに高いわけ? 聞くと皆そう言います。
高い理由がきちんとあるのですよ~。

東急東横店の催事場で購入したこのかばんの作り手、
山形県米沢市にある、戸田寒風さんの工房へ行って来ました。

寒風さんは、畠・米沢あたりの人は皆知っている地元のチョー有名人。
もともとは笹野一刀彫という上杉鷹山が推奨した郷土品の作り手です。
冬の間は、山ぶどうのかばん作成で、全国のデパートの催事場を飛び回ってらっしゃいます。

さて、山ぶどうとはいったいどんなものなのでしょう?

gazou 002
むいてきた皮を干したもの。かばんの原料です。けっこう硬いんですよねえ、力がいりそう。
gazou 02042
山ぶどうの樹から皮をはいでるところ(写真を撮影しました)。
けっこう太い、フツーのぶどうの樹って感じです。



よく東北の物産展などに出かけると山ぶどうのジュースを見かけますよね。

普通のぶどうよりも味が濃く粒は小さく、言ってみれば貴重品。
山ぶどうで作ったワインは国産ワインとは思えない力強さがあったりします。
最近は山の中に探しにいくよりも栽培をということで、栽培もされています。

山ぶどうのかばんは、この山ぶどうの樹の皮をはいで作ったもの。
そもそもは農民の日常的な道具(しょいかご)として、使われていたそうです。

編んでしまうと丈夫で長持ち、ちょっと壊れても修理が効くので
雑な使い方をしてもOKな、まさに日常的な道具だったのでしょう。

それが都会の着物女子の憧れの的になるとは…それもそのはず、
軽くて表情豊かなこのかばん、一度持ったら便利で手放せなくなるのです。

そのかばんの制作工程は、山ぶどうの皮を取ることから始まります。

gazou 009
いろんな編み方があるのですね。米沢の寒風さんの工房で並べてもらいました。
網目の小さなものや変わり編みものものは時間がかかるため、かなり高価になります。

gazou 008
通常は、私の持ってる基本的な網目のものが最初のひとつで、
次に買う時に表情豊かな変わり編みのものを選択する人が多いらしいです。



山ぶどうの皮は、梅雨時の一カ月位しか取ることができません。
この時期は水分を大量に吸っているため皮がするりとむけますが、
時期を逃すと全くむけなくなるのだそうです。時期とは言え、湿った山に入ってくのは大変そうです。

この皮を干してしばらく置いてから、水につけて小さく裂いて編み始めます。
コブがあったり最初から裂けてる部分は使えないので、
一本では財布一個くらいしか作れない…ってことは大量に皮が必要なのですね。

基本の編み方のかばんが、65,000円するのもうなづける話です。

梅雨時の山に入り、やぶ蚊に食われまくってどこにあるかわからない山ぶどうを探し、
皮をむいてくる手間、それを干して実際にちまちまと美しく編む手間
…気が遠くなるような手仕事です。

sgazou 010
変わり編み3種。目が小さい・花模様ってことで、全部15万以上してました。
色の調整がうまくできず、ヘンテコな色になっててすみません。

sgazou 011
力がいるので男の人しか編めないお花のような模様。
不思議なニュアンスのあるかわいい模様ですが、どうやって編んでんのかな~。



山に入るには山の持ち主の許可が必要なため、誰にでも取れるわけではありません。

また、大量に生えているものではないので、資源が枯渇し始めているそうです。
一度切った山ぶどうが再生するのには何十年もかかるため、
今後は価格が上がっていくだけという話も聞きました。

昨今では安価な中国産の山ぶどうのかばんも売っているのを見かけます。

これは修理が難しく、中国産の山ぶどうは強度がいまひとつってことで、
安くて入手しやすくても、後のことを考えると国産品をお勧めいたします。
(2万位安いんですけどね~買っちゃいそうになりますけどね~)

gazou s005
修理に来た人が新しいのを買っちゃったので置いてったという15年物。
色が変わってます。これは持ち主の手の脂とかその他もろもろで、それぞれに色合いが違うのだとか。
わたくしのかばんはどんな色になるのか…今から楽しみでございます。



編み手はどんどん高齢化していて、後継者はあまり育っていません。
手が痛くなるほど力のいる作業なので、編み手は意外と男性が多いそうです。
あくまでも副業的なこの仕事。主な職業にはならないでしょうから、
後継者は難しいんじゃないかなあ…そんな気がします。

まだまだ新しいものを買っては捨ててる現在のニッポンでは、
修理ができて、さらに年とともに自分と一緒に成長していく道具なんて
なかなか見つかりません。

年を経ていくごとに自分の手の脂が回り、色合い風情が変わっていく…
世界にひとつだけしかない、自分だけの山ぶどうのかばんができあがるのですから
高かったけど買っといて良かったなあ!と最近よく思います。

gsazou 02045
栃の実と山ぶどうの皮で作ったちっこい飾り。
寒風さんのところでかばんを買うと、サービスでつけてくださいます。
栃の実ってかわいい形してますよね。私のかばんにもくっついてます。


着物なんかもそうなのですが、伝統的な手仕事のものを大切にしていきたいなあ…
年を取ったせいか、ますますそんな風に思っています。


戸田寒風さんに会えますよ!
2月8日まで上野松坂屋本館催事場で山ぶどうのかばんを出店されています。
楽しいお話も聞けるので、ぜひ行ってみてくださいね。


★現在ブログランキング参加中です!
↓プキッとクリック、ご協力お願いいたします!



こちらもよろしくお願いいたします!
にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
にほんブログ村
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

こんばんは

こんばんは。

確かにお値段は少々張りますが、一生モノですからね、もしかしたらそんなにお高くはないのかもしれませんね。
ほしくなるの、分かります。
やっぱりお買い物なんかの時にお持ちになられるんでしょうか?
電車とかに置き忘れないように注意ですねこれは。

それにしてもどれも味わいがちがっていて、
「手触わりフェチ」の私は、思わずひとつひとつ撫で回してみたくなる衝動にかられます(失礼)。

規格品では絶対に出ない温かみとか気品とかが、こういう伝統工芸品にはありますね。
正直手が出せませんが、もし誰かにプレゼントするなら、迷わず国産品を選びたいものです。

トチの実飾りも、すごくかわいいっすねー
ではでは

Re: こんばんは

Fuさん

山ぶどうのかばん、日々のお買いものに持ち歩いてます。
紬などのカジュアルな着物着てお出かけのときも、これ持ってます。
手の脂が少ないので、なかなか色つやが良くなってくれないのが悲しいです。

こないだ農家の人と飲みに行った際に「ヴィトンのバッグよりかっこいいね!」と言われて、
「おお!シャレたこというなあ!」と思いましたです。

変わり編みのものもステキなのですが、誰も「私を買って!」と言いませんでした。
ハリーポッターの杖のように、一人に一つずつ合うものがあるのかもなとか思ってます(笑)

作り手のぬくもりが感じるようなもの、いいですよね。
着物もそうなのですが、本当に一生続く出会いだと思います。

No title

やまぶどうのバッグの価値はよくわからないけど
ジュースなら飲んだ事はあります。

で、ビックリしたのが、「私を買って!」という声…。
聞こえるのは、僕だけじゃないんですね。(笑)

僕は、スーパーの店頭や市場などでよく耳にしますが
良いお店は、あっちこっちからこの声が聞こえるのに
ダメな店は、全然聞こえてこない(苦笑)

そういうダメな店の方が、若い奥さん連中で一杯で
(日本の将来が心配です)
良い店の方は、おばちゃんたちやプロ(お店)の人が多くって
あんまりお洒落じゃないけれど
新鮮な食材のオーラで、こっちも元気になる感じです。

しかし、その声にしたがって買い物をすると
店頭でないとその日のメニューが決まらないので、
家内は怒りますけどね(笑)

Re: No title

癌ダムさん

おお、食材から声が聞こえるのはスゴイですねえ!
うっかり買いまくりそうです。

私はむか~しから着物とか洋服によく話しかけられてました。

娘の頃は店頭で「私を買って!」としょっちゅう声を掛けられていましたが、
最近は声をかけられてもきちんと自分で吟味するようになりました。
でもそういうものを買うと長持ちしますね。
また、そういうのを着ると元気になります。

食べ物に話しかけられるってことは、食べるたびにその食べ物からエネルギーをもらえているのでは。
それはある意味うらやましいですね~。

国産カゴバッグについて。

初めまして!国産カゴバッグを買うか、中国産か迷っています。勿論お値段もそうですが、強度等。

使い込んで取っ手がとれてしまったりしませんか?教えて下さい。よろしくお願いします。

Re: 国産カゴバッグについて。

はじめまして! コメントありがとうございます。

> 初めまして!国産カゴバッグを買うか、中国産か迷っています。勿論お値段もそうですが、強度等。

私が購入したのは2009年で現時点で5年です。
最初の一年はなんとなくもったいなくて毎日は使っていませんでしたが、ここ4年ほどは日常のお買いものに持っていくバッグとして使っており、いい色合いになってきました。
けっこう雑に使っていますが、ほつれや傷みは全く見つかりません。

持ち手部分も手の脂で非常にいい色合いにはなってきましたが、とくに壊れもしません。
そもそもは山歩きの際などに使われていた日常使いをしても壊れない「道具」ですから、さすがだなとしみじみ実感しています。

ところで、ブログで紹介した方は自分ちで作ったものの目印に栃の実のチャームをつけてくださいます。
もし傷んだらここに持っていけば、あるいは送れば、治して下さいます。
訪問した際にお聞きしたところでは、ときおり修復の依頼が来るとのことでした。

中国産の山葡萄のかばんは安価ですが、修理が効きません。
壊れたら壊れっぱなしです。あと薬剤が染みこんでそうでコワイです。

強度については不明ですが、山葡萄の素材が違うのではないかと思います。
中国の山と日本の山とでは気候条件が違うので同じ山葡萄でも違うような気がします。

購入の際は物産展で販売しているようなものではなく、作り手が催事場に実際に来て売っているのを選んだほうがいいと思います。
話をしながら気に入ったものを選ぶのがコツです。

催事場にはいろんな種類の編み方や形のものがありますから、その中から「出会い」があると思います。
わたしの場合は、これじゃないとダメ! というものがひとつだけあり、全く迷いませんでした。
高いものですから、唯一無二のものを見つけるまでのんびり探してもいいのではと思います。
それが中国産ってこともあるかもしれません。

ちなみにわたしのかばんは65,000円でしたが後30年は確実に持てると思っています。
というか自分よりも長持ちするでしょう。やまぶどうのバッグとはそういうもんです。

このかばんがあると普段着の着物や浴衣のときに持つかばんを選ぶ必要が無いため重宝します。
呉服屋さんに行くと山葡萄ですよね? と羨望の目で見られたりします。

65,000円というのは一種の目安で、購入後相場が気になってあちこちで見ましたが、国産だとだいたいそれぐらいします。
あとは編み方で価格が変わります。

中国産でも最近は35,000円くらいですよね。
3万円の違いは大きいですから、死ぬまで持てなくても良ければ中国産でいいかもしれません。

一生持ちたいのなら国産をおすすめします。
プロフィール

ほんたべ

Author:ほんたべ
手島奈緒
おいしい食べものをつくる人を紹介したり応援したりしております。ブログをまとめた著書『いでんしくみかえさくもつのないせいかつ』(雷鳥社)『まだまだあった! 知らずに食べてる体を壊す食品』(アスコム)『儲かる「西出式」農法』(さくら舎)など。現在ハンター修行中。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
リンク
FC2ブログランキング
FC2ブログランキング参加中

FC2Blog Ranking

フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR