ほんものの食べものくらぶ 再び青空市に出店!

gazou 004
前日まで死ぬほど寒かったけど、少し寒さが和らいで過ごしやすかった2月1日。
しかし12月に比べると、お客様の入りはいまひとつ…やっぱ寒さには弱いっすよね。



2月1日(火)、ちよだ青空市に出店しました。

前回12月の経験を踏まえて、今回は
・軽いもの
・単価の高いもの
このふたつの条件を満たす商品を準備いたしました。

そのふたつとは「小口の米」「豆」の2種類。


gazou 014
つや姫のちっちゃいパック。かわいいし重くないし、いいですよね~。
でもかわいすぎてお米に見えなかったみたいで「なあに?これ?」と何人にも聞かれました。



豆は水で戻さずにそのまま味噌汁に入れて食べられる、山形県の郷土食「打ち豆」。
水で戻した青大豆をトンカチでつぶして干した打ち豆は山形プラザにも売ってます。
しかし当日準備した打ち豆は、フツーの青大豆ではない「秘伝」というおいし~い豆をつぶしたもの。
ものすご~くおいしい、自分的には付加価値商品でございます。

そして米は、山形県ブランドの「つや姫」。とくにおいしい農家のものを発注しました。
つや姫は2合をパック詰めして、軽くて安くて試食するのにばっちり!という大きさ。
かわいらしくてころんとしたその大きさを産地で見たときに
「次の青空市はこれだ!」と思ったのでございました。

お隣では雲地ファミリー農園の雲地さんと桜井さんが、大量の野菜を持ってきています。
野菜と米、ここで買えば本日の晩ごはんはバッチリ!でございます。

さて、千代田区のOLとおばさま方の米と豆の需要はどうだったでしょうか。


gazou 003
雲地ファミリー農園の野菜セット。お野菜が高い昨今、大変お得な価格で販売しております。
重いけどお得な野菜セットは、5セットくらい売れてました。



結論→ 赤字 でした(泣 

理由はいくつか考えられますが、一番の理由は
「米は売れない」 ということでございます。

キャリーバッグを引きずって買う気満々のおばさまは、米を見て一言。
「あ、つや姫ね。家に10kg袋があるのよね」

お昼ごはんを買いに来て、ついでに青空市に立ち寄ったOLの方々は
「私、お米炊かないんです~」(…そ、そんな人いるんだあ!)

余った米の重さに呻吟しながら持ち帰る途中に気づいたこと。
「米は常時自宅にあるものなので、単発のイベントでわざわざ買わない」

そして最近米の販売について立てていた仮説が、ますます実感できたのでした。
「人は自分が食べてる米が一番おいしいと思っているから新しく買わない」

つまり、ふだん食べてる米よりもおいしいもの(まずいもの)を食べて初めて、
米のランク(実はすげえうまかった・実はまずかった)に気づくんじゃないかってことです。

気づけばアクションが起こせるけど、そこに気づかなければそのまま。
米は、新規開拓が難しい商品なのでございます。

gazou 007
開始後一時間、打ち豆が1袋売れただけで全く米が売れなくって、
心がポキポキと音を立てているのが聞こえましたです。おひさまは照ってましたが地面が寒く、
気持ちは沈み、お家に帰りたくなってしまったわたくし。お昼前から売れ始めて本当に良かったです。



斜め向かいの出店者も小口のお米を販売していましたが、
「まあまあかな~」とあまりはかばかしくないお返事。
しかし農産加工品を売っていたため、そちらで経費は回収できているようでした。

「ま、でも人件費はでないよね。それ入れたら赤字。PRのために来てるから」
いずこも同じです。厳しい寒さは体よりも心にこたえたのでした。

そして今回出た結論は
「米は青空市では新米シーズンしか売れない」でした。
…当然じゃん、なぜ気づかなかったんだ、自分。

gazou 005
野菜販売が順調な雲地ファミリー農園のみなさん。野菜の説明のポップも完璧。
桜井さんのパートナー、あゆみさんの売り口上がとってもうまく、おばさま方に人気でした。



米が付加価値をもつのは新米のシーズンのみ(それはそれで悲しい現実)。

この時期であれば、全ての日本人が「米を食べたい!」と強く思っています。
そして「新しい銘柄を試しに食べてみたい!」とも思っています。
年が明けてすでに自分のお気に入りの米に戻っている2月では、米は売れなかったのでした。

さらに打ち豆にも悲しい現実が待っていました。

「あっ!打ち豆!おいしいわよね~」と言って買った方は山形県出身の方々。
「食べたことないから食べてみようかな~」と購入してくださった方はわずか4人でした。

郷土食はどんなにおいしくても知らない人にとっては、なんだかわからないもの。
メジャーなものならまだしも、打ち豆などはチョー説明商品であることを失念しておりました。

gsazou 006
無農薬栽培で格安なので飛ぶように売れてる雲地ファミリー農園の野菜。
しかし売り上げはというと、単価が低いのでそうでもないのです。
野菜販売って、手間のわりに利益が少ないのだなあとますます実感。
お隣の野菜農家も無農薬野菜を販売されてましたが、大型野菜が多くけっこう残っていました。
青空市に大型野菜はむきませんね。



打ち豆のおいしさは言葉でどんなに伝えても、食べてみないとわからないもの。
試食をしていただくことが必要だったのでした。
それを言うなら、つや姫も、食べればとってもおいしいことがわかったのですから、
電気釜を持ってくるべきだったのでした。

で、今回の総括
①米の販売は時期を選ぶ必要がある
②説明商品には試食が必要である
③米も試食は必要である … でございます。

しかし、しかし。

電気釜を持ってきて試食販売をした場合、私一人では店が回りません。
二人分の人件費が出るほど売り上げが上がらないのは、2回の経験でよくわかっています。

仮に、青空市出店の目的をPRと限定し利益度外視とした場合は、
毎回出店する必要があり、顧客と顔なじみにならなくては意味がありません。
週一回など定期的に開催されている地方部の青空市ならまだしも、
月一回ではなかなか顔なじみになるのは難しい。

地元の「都市農村交流」等々の補助金をもらって交通費とか人件費とかをカバーし、
出てこられる人じゃないと継続はムリなような気がします。

gazou 011
売り上げ金額を計算する雲地さんと桜井さん。
ちよだ青空市の出店料は、売上に対しての割合ですから、一般的なマルシェに比べると良心的。
それでもほとんどのお店が赤字なのです。出店料が10,000円とかのマルシェはどうなのかな~。


巷に青空市はたくさんあれど、出店者が儲かったという話をあまり聞かないのは、
上記のような理由からかもしれません。

あ、でも、そう言えば。

すっごく売りあげてる(ように見えた)お店がありました。
それはケーキやクッキーなどのスイーツ屋さん。
丸の内のOLも、ご近所のおばさまも、おしなべて購入されておりました。
まさに「甘いものは別腹」なのだなあ…としみじみ思ったのでございます。

今回の経験を踏まえて次回どうするか…ちょっと心が折れたのでなんとも言えませんが、
新米シーズンにやってみるかあ!的な消極的な考えが、頭を駆け巡っています。


★現在ブログランキング参加中です!
↓プキッとクリック、ご協力お願いいたします!



こちらもよろしくお願いいたします!
にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
にほんブログ村

関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

頑張れ、ほんたべさん!

いつもは「なるほど~」と思ってしまう話ばかりですが
今回は、僕の方が詳しい話かな?
何しろ、プランナーでコピーライターですからね(笑)

あくまで記事を読んだだけなので、外れてたらゴメンナサイですが
今回の商品の場合「説明」も大事ですが
もっと大切なのが「もったいぶり」「ありがたみ」「稀少感の演出」
さらに、「ここだけ」「今だけ」の<あおり>もある方がいい。

たとえばね、今の時代「つや姫」だけじゃもうダメで
「どこの」「あの誰だれさんが」「○×農法で」作った
「稀少なつや姫」を、「今回に限り特別に」「分けていただいた」ので
…だから、1パックは「少なめ」ですが…式の、特別出品感を
いかに自然でリアルに演出するか?だと思うんですが、さて?

黙って聞いていると詐欺みたいに聴こえるかも知れませんが
このくらいやらないと、人の心は動かないものですよね。
良いものを作っている(売っている)のだから
売れるのが当然だ…と思うのは、
やはり生産者側の驕りというか油断でもありますよね。

では、どうするのか?…なんて事をやってるのが僕の本業です。
近所なら、ご相談に乗ってあげたいけれど、大阪だからなぁ…

とにかく、やり方は「いくらでも」ありますから、頑張って!

ほんたべさんの選んだ食品は「正しい」し「美味しい」
ただ、日本のみんながそれを理解できているような立派な国なら
この国はもっと健康で夢にあふれてるはずですよね(苦笑)

だから、こうした広告手法も視野に入れながら
ほんたべさん、折れないで頑張ろう!

Re: 頑張れ、ほんたべさん!

癌ダムさん

ありがとうございます!

もったいぶりやありがたみ、大切ですよね。
そういう工夫はほとんどしませんでした。
それも敗因かも。

そもそも農家っぽいおじさんがブースにいた方が説得力があるんだと感じています。
私のようなのが立ってるとどういう人なのか見た目でぱっとわかりにくいみたいで、
わりあいスルーされがち…。

それを引き留めるために試食かなあ…と思った次第です。
(前回はりんごの試食で足を止めさせ、かなりの人が購入した)

野菜みたいにわかりやすいものだと、最初から足を止める人が多いのですが、
米は遠巻きに見てるんですよね~(ポップも含めて)
そしてその顔に「だまされないぞ」的な表情が浮かんでるんす。
この人たちに声をかけ引き寄せるには、食べもので釣るしかないかとか。

今度出店する時には、相談に乗っていただけるとうれしいです~。

次回は7月ごろに果物を売ろうかしらと思っています。

ご心配かけてすみません。
ポッキリってほどじゃなくて、心に小さなヒビが入っている程度です(笑)

おいしいものを食べてもらうには、きちんと「わからせる」努力が必要ですよね。
今回つくづく実感しましたです。

選ぶ楽しみ

前回のコメントにお返事をいただいたままになっていてすみません。
もう少し話を掘り下げたいのですが、咀嚼に時間がかかっております。

さて、米ですが、自分の場合は実家から送ってもらっているので、
お店で買うことはありません。そんな自分が買うとしたら...

2合ずつの小分け。必須ですね。
味の違いがわかる品種を5-10種類くらいは並べてほしいです。
おいしいとされる品種にもいろいろおいしさの違いがあると思いますので。
で、どう違うのか、どうやって比較すればいいかをPOPとパンフで説明して欲しいです。
炊飯器は普通家庭に1台しかないので、同時比較は難しいですから、そこも踏まえた上で。
もちろん試食があるといいですね。炊飯器が5-10台並んでて。
(家電メーカーと掛け合って、同じ機種を同時に貸し出してもらえるといいですね)
でも試食があると買う品種は少し絞るかもしれません。価格との相談もありますが。
高くなければ全部試してみたいです。米ならそれなりに日持ちしますし。

ちなみに野菜でも比較してみたいと思う質ですが、
やっぱり同品目のいろいろな品種を揃えているとこって少ないし、
日持ちしないものが多いので同時にたくさんは買えないというネックがありますね。

儲けるというよりは、試してもらうきっかけとして、
後からお気に入りのやつを5kg10kgとかで定期注文してもらうことを狙って、
というところではないでしょうか。
販売しなければ出展料が安い/無料という場合は、
試食とパンフ配布に徹するというのも手の一つかなと思えます。

小分けした米をいろいろな品種取り揃えたお店、
東京のどこかにありませんでしたっけ?
いわゆる米屋さんぽいお店ではなく、
おしゃれな感じの店舗の紹介を比較的最近みた気がします。
黒っぽい壁に、小分けしたパッケージがずらーっとぶら下げてある感じだったような。

消費者は「自分で選びたい」というのがあると思います。
選ぶ楽しみを残した(提供する)売り方がいいと思うんですが、いかがでしょうか。

Re: 選ぶ楽しみ

H2さん

こんばんは。

炊飯器をたくさん並べて味を比較しながら販売…楽しそうですねえ!
でも、単発の青空市では採算が合わないと思います。
とくに私のように一人でやっているものは、大赤字になっちゃいます。

こういうイベント、自然食品店が優良顧客向けに新米シーズンに行うってな感じでしょうか。
大地を守る会でも、消費者会員向けに米の食べ比べイベントやってました。

これだけのサービスをするのだから、何か獲得しないと難しいわけで。
(つまり次に買ってもらうためにイベントを行う的な感覚)
店舗があり、サービスが次につながる(継続性がある)ことが前提だと思います。

でも、そんなサービスをやってみたいですね。
楽しそうだし、得るところがずいぶんあるような気がします。

No title

ほんたべさん、こんばんわ。赤字でしたかー。確かにお米は新たに買わない気がします。見た目はかわいらしくてよかったのですけども・・・

>試食。
そうなんです。試食はとても大切です。口で説明するよりも、食べていただいたほうが分かりやすく、食べた人はそのあと自分の家でどう食べるかをイメージしてもらえるので宣伝にもなります。
ただ、試食させるほうは、とても大変です。専属でいないとまず無理。諸刃の剣なのです。以前にも書きましたが、試食はティッシュ配りのごとくたくさん配る。これです。

次回も楽しみにしています♪

Re: No title

駆動さん

今回試食の効果のほどをつくづく思い知らされましたよ~。

試食で人を引き留めて、無理やり話をして、買わせる。
これですよね~。
話ができれば何とかなるんだけど、足すら止めてもらえない状況では、アクションが起こせませんでした。

でも、ごはんの試食は人手が必要ですよね~。
りんごなら切るだけだけど、ごはんは炊いて盛り付けて渡す的なアクションが多すぎるし。

ほんと、いろいろと勉強になりました。
赤字でもこの経験は無駄にはならなかったので、とりあえず「良しっ!」って感じです!


プロフィール

ほんたべ

Author:ほんたべ
手島奈緒
おいしい食べものをつくる人を紹介したり応援したりしております。ブログをまとめた著書『いでんしくみかえさくもつのないせいかつ』(雷鳥社)『まだまだあった! 知らずに食べてる体を壊す食品』(アスコム)『儲かる「西出式」農法』(さくら舎)など。現在ハンター修行中。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
リンク
FC2ブログランキング
FC2ブログランキング参加中

FC2Blog Ranking

フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR