種を採る人たち 自家採種は楽し

daikon.jpg
青首大根の花。これから種を採っても親と同じ性質は獲得できません。

古来から農民は、畑でできた作物の種を採って翌年の作物を栽培してきました。
種を購入するようになったのは、本当に最近のこと。

それまでは、その年性質の良かったものを選抜し、種を採ってきたのです。

昨今ではF1種という、優良な性質が一代しか続かない種が農業の世界を席巻しています。
これは性質のよい親同士をかけあわせ、その優良な性質が出るように作られたもの。
中学の時に習ったメンデルの法則を思い出してください。

代表的なF1種が青首大根。

姿形のそろいがよく、同じ日に種をまけばほぼ同時期に収穫でき、
作りやすく、抜きやすいという素晴らしい性質を持っています。
同時期に出荷できればその畑は一気に片付きます。

その後すぐに他の作物を作れるというメリットがあることも青首大根が席巻する理由のひとつ。
現在の日本では、ほとんどの農民が青首大根を栽培しています。

さてさて。
そんななか、自分の畑で種を採り続けている人たちがいます。

自家採種を続けていると、その畑にあった性質を獲得するとも言われています。
長年自家採種をしているうちに、一定程度の食味を獲得するとも言われています。

ネギ坊主
もうじき種が採れるかな。春先のネギ畑はネギ坊主がいっぱい。
でも種を採る人はごくわずか…めんどくさいですからね。


自家採種しやすいものの代表選手がネギ。
春先に出てくるネギ坊主の中の種が熟すまで畑に置いておきます。
種が熟すまで畑が使えませんから、小面積の農民はなかなかできないかもしれません。
手間暇かかる種採りは、ある程度の覚悟が必要です。

埼玉県の瀬山明さんの畑では、毎年ネギの種を採種しています。

もともとは深谷ネギだったこのネギですが、長い間自家採種した結果
「瀬山ネギ」あるいは「本庄ネギ」と言いたくなるようなものに変化しています。

瀬山さんとネギ
種を採るために畑のすみっこに一列だけネギを残しています。
ネギ坊主を採ったあとは、育苗ハウスで乾かしてから、種を採ります。


甘くて、加熱調理をしても、生で食べてもおいしいこのネギ、
一度食べると、他のネギは食べられなくなります。

瀬山さんの畑の微生物の働きか、ボカシ肥料の手柄か。
おそらくそれらの影響もあるのでしょうが、自家採種することによってネギが獲得した性質も相まって、
他人には絶対に作れないネギに変化しているのです。

瀬山さんの畑では、最近ニンジンも自家採種するようになりました。
有機の畑で栽培されるニンジンの甘さ・香り・おいしさは、
ニンジン嫌いの子供でも「おいしい!」というほどの味になるものです。

IMG_0707.jpg
めったに見かけないニンジンの花。意外と繊細で美しいですね。
でも畑に長いこと置いておかないと種は採れない…なかなかできないことなんですよね。


その中でも、瀬山さんのニンジンのおいしさはダントツ。

時折出荷できないニンジンで作ったジャムをいただくことがありますが、
全くお砂糖を入れていないのにあま~くて香りもよくて、
これが本当にニンジンジャム?と思わず叫んでしまうほど。

購入すれば簡単な種。

手間暇かけて自家採種する楽しみは、経費削減という意味合いもありますが、
どんどん自分の畑にあった性質を獲得することと、食味が上がってくることにもありそうです。

さて、中には自分で新品種を交配する人もいます。

甘楽町の吉田恭一さんは、在来品種である「赤ネギ」と、下仁田ネギをかけあわせ、
赤い下仁田ネギを作ろうとしています。
今のところは赤ネギの性質、真っ赤な色合いが固定せず、てんでんばらばらな色あいで、
固定種になり得ていません。

赤ネギ
左から二番目の下仁田ネギはきれいな赤色が出ています。この色が目標。
でもその他のネギはなんか変な色。色がまだ固定していないのですね。


これが固定するのかしないのか。
固定したら新しい品種の登場ですね。一躍人気品種になったりして。

いつ固定するのか、楽しみに待っているところです。



関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

ほんたべさん、こちらでは初めまして。先日は当社を御見学いただきましてありがとうございました。

僕はきのこ栽培がメインなので、野菜のことがわからなかったのですが・・・ほんたべさんのBlogを読んで、他の野菜についても勉強したいと思いました。にんじんの花。実は初めて見ました(苦笑)。

これからも、野菜のことについて教えてください。

こちらこそよろしくお願いいたします

kudouさん

きのこ栽培、興味深かったです。
きのこの生態には魅せられてしまいます。
野菜とはまた違った魅力がありますよね。

ほんものの食べもの日記で紹介させていただきますので、
今後ともよろしくお願いいたします!
プロフィール

ほんたべ

Author:ほんたべ
手島奈緒
おいしい食べものをつくる人を紹介したり応援したりしております。ブログをまとめた著書『いでんしくみかえさくもつのないせいかつ』(雷鳥社)『まだまだあった! 知らずに食べてる体を壊す食品』(アスコム)『儲かる「西出式」農法』(さくら舎)など。現在ハンター修行中。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
リンク
FC2ブログランキング
FC2ブログランキング参加中

FC2Blog Ranking

フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR