あまり知られていない食品照射の事実

gazou 008
そのまま飲める水道水・東京都の自慢「東京水」から放射能が検出されました。
世界に冠たる浄水技術を持ってしても放射能汚染は免れないのでした。
ちっちゃな子どもたちのために、少しでも早く数値が下がるのを祈るばかりです。



野菜・牛乳・水などから暫定基準値以上の放射能が検出されました。

この時期出荷する作物は、去年種まきをしたものが多いです。
寒さに当たらないようトンネルをかけ、暑くなったらトンネルのすそを開け、
ようやく大きくなって出荷できるようになった野菜たち。が、出荷できない。

基準値以上の農薬が出て出荷できないのは、自己責任だからしょうがありませんが、
放射能はそうではありません。このたびの事故で空から降ってきたのですから。

出荷できない農家の気持ちはいかばかりか。
食べものを作る仕事と原子力発電は、決して、決して相容れないものだとつくづく思います。

心にわき上がる怒りは横に置いといて、現場で作業をされている方々の無事を祈りつつ、
福島第一原子力発電所がこれ以上の状態に陥らないよう、心から願っています。

gazou s038
ほうれん草は葉面積が広いから放射能の残留が高いと説明されてました。
アブラナ科は表面がツルッとしたものが多いので、出ないのかな~と想像してたら、
その後小松菜からも検出。野菜にも、地面にも川にも(ヒトにも)、等しく降り注いでいるのですね。



さて、しかし。

日本では1974年から、じゃがいもに放射線を当てる「食品照射」が行われています。
ご存じでしたか? 放射線の有効利用ということでなされているようです。

あまり話題にもならないので知らない人が多いのですが、
このじゃがいも、全部で8000トンあるといわれています。

日本では、食べものへの放射線照射は食品衛生法で禁止されています。
しかし唯一、士幌農協のじゃがいもだけに150グレイの放射線照射が許可されているのでした。

150グレイってなんとなくピンときませんが、
60日以内に半数の人が死に至ると言われている数字が3グレイ。その50倍です。
照射の目的は「じゃがいもの芽止め」。春に芽を出すことで劣化するじゃがいもを、
ただ長持ちさせるために、放射線を当てているのでした。ええ~って感じです。

放射線の照射によりじゃがいもは死んでしまうので、芽が出ない。
内部まで殺菌されるので、長期保存が可能という理屈。うーん、どうだろう、これ。

gazou 010
このじゃがいもくん、実は昨年の7月ごろに買ったもの。貯蔵庫でのびのびと芽を出してました。
半年以上もカビにもやられずまだ生きているのです。スゴイです(っていうか食べてやれよ)。
照射じゃがいもは死んじゃってるので細菌にも弱く、腐りやすいと聞きました。


さてこの照射じゃがいも、都知事が「照射じゃがいもの出荷はやめてほしい」と
申し入れた東京以外では、「士幌産じゃがいも」と表示して売られています。
出荷されている数量は8000トンのうちの約4000トン。

これらは千葉や新潟のスーパーで見つかっています。
でも買う人いるのかな。知らずに買ってる人がいるかもしれませんね。

食品照射の本来の目的は殺菌です。

アメリカではスパイスや肉類などで食品照射が行われており、
2004年時点では世界の照射食品の半数を占めていました。
昨今では中国、ウクライナ、ブラジルなどで急激にその数が増えています。

現在照射食品を検知する有効な方法がなく、なかなか水際では阻止できていません。
輸入食品にまぎれて国内に入っていることはわかっていますから、
普通に売られている可能性もあるのでした。

2009年までのデータしかないのですが、中国産冷凍シャコ・乾燥しいたけ、
米国産の黒コショウなどで照射されたものが見つかっています。

照射食品の問題は、照射により発がん物質(※)ができる等々の危険なデータはあっても、
食べても安全、大丈夫というデータがないことです。
食品に放射線を照射すると、照射臭と呼ばれる独特のニオイがするそうです。
ニオイがするってことは、変質しているということ。イヤですねえ…。

gazou 016
カレーに入ってるスパイス類全て、照射リストにあがっています。
ってことは許可されれば市販のカレールウは照射スパイスで作られるってことです。イヤだなあ。
あとシソとかにんにくとか、ゆず、わさび等々…和製スパイスも全て網羅されてます。


しかし、実は日本でも今まさに、じゃがいも以外に、
94種の香辛料に殺菌・殺虫目的で食品照射を解禁しようとしています。

2005年10月に原子力委員会で方針が決まり、いきなり出てきたこの話。
一部の消費者団体が地道に反対運動を続けており、まだ認可されていません。

現在は、消費者の理解を得る必要があるということで、とりあえずストップ…
というか、そういうことを調査しなさいというところで止まっているそうですが、
これがもし解禁されたら、自国での照射以外に照射スパイスの輸入がOKになります。

スパイスの中にはみじん切りのパセリ・にんじんや玉ねぎも含まれているため、
なし崩し的に外食産業などから、照射食品の使用につながっていくでしょう。

食品照射に使う放射性物質は、コバルト60、そして最近よく聞くセシウム137。
セシウム137はご存じのとおり、原発から出る廃棄物です。
つまり食品照射は廃棄物の有効活用というわけですよ。やめて~。

gazou 048
呼吸作用が激しいので収穫後の温度管理をしないと黄変する作物、ブロッコリー。
でも花蕾が黄色くなってもまだ生きてます。病気にかかってると溶け始めます。
そういうブロッコリーはたぶん、誰も食べたくないでしょう。
「新鮮な野菜が食べたい」と言う消費者の欲は、生きてる野菜が食べたいという本能なのかも。



どんな野菜も、収穫した後しばらくの間生きていて呼吸しています。

菜っ葉が黄色くなっていくのは自分の呼吸で体内の貯蔵養分を使い果たしてしまうから。
その後はエネルギーがなくなってしなびるか腐るかですが、
野菜ってそういうもの。つまり私たちが食べるまで、彼らは生きているのです。

私たちは、他の生物の命をいただいて生きています。

放射線を当てられて死んじゃった野菜の栄養価はどうなるのかな?
これは命をいただくことになるのかな? 

とりあえず、私は照射食品は食べたくないと思っています。
理由は「なんとなく」。でもその「なんとなく」の深さは、きっと海より深いです。

※照射によってできるシクロブタノンという物質が遺伝子に大きな傷をつけることを、
1998年、ドイツの科学者が発見した。2002年、パスツール大学で行われた実験で
この物質が発がん補助物質であることがわかった。




★現在ブログランキング参加中です!
↓プキッとクリック、ご協力お願いいたします!



こちらもよろしくお願いいたします!
にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
にほんブログ村
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

げげっ!スパイスってそうなの?
カレー作るのやめようかな…なんて、思ってしまいますね。

僕らのような癌患者で、放射線治療を受けた人は
既に基準値を大きく上回る放射線を浴びているので
(浴びても問題のない)残りのキャパが少ない。
※たとえば、放射線治療は(許容量を越えるので)
 二度と受けてはいけないのだそうです。

テレビで何かと引き合いに出されるCTスキャンも
現場の医師は、発がん性がないわけではない…と
内緒話もしてくれています。

とりあえず「原発なんか、もういらない!」とみんなで言いましょう。
(初めから要らん!と思っていますが・笑)

ほんたべさんの主張、全面的に支持します。

Re: No title

癌ダムさん

> ほんたべさんの主張、全面的に支持します。

ありがとうございます!

スパイスへの照射はまだ解禁になっていませんのです。
今地道に反対していて、地震が来たので議論っていうか対応が止まっているそうです。

やっぱ購入したスパイスを植えたら芽が出てほしいですよね。
芽が出ないヤツとか時々あるんですよ…それはなぜなんだろうってよく思います(汗)。
(日本ではムリっぽいヤツとか、焙煎してあるヤツとかじゃなくて)

広瀬隆さん講演ustream

3月23日の広瀬隆さんの講演画像見つけました。

http://www.ustream.tv/recorded/13509353

3月29日(火)原子力資料情報室の研究会も開催されます。

第73回 原子力資料情報室 緊急!公開研究会
『福島原発で今なにが起きているのか』

日時:2011年3月29日(火)18:30~20:30

会場:総評会館 2階大会議室
(東京都千代田区神田駿河台3-2-11)
http://www.sohyokaikan.or.jp/access/

講師
後藤政志さん(元原子力設計技術者、博士(工学))
上澤千尋(原子力資料情報室・原子炉安全問題担当)

資料代:1,000円

主催:認定特定非営利活動法人 原子力資料情報室

協賛:原水爆禁止日本国民会議

*インターネットを通じ中継を行う予定です。
CNICニュース(Ustream)
http://www.ustream.tv/channel/cnic-news

*停電や交通状況等、当日の情報にご注意ください。
 中止になる場合には当室ホームページ( http://cnic.jp )でお知らせいたします。



おどろき・・

はじめまして。
記事を拝見してびっくりしています@@

今回のフクシマの件で、自分は放射能と放射線と放射性物質の違いもよくわからず、何にも知らないということに気づきました。

いろいろ知っていかなくちゃ・・

Re: おどろき・・

はぴはぴさん

こんにちは。

原発のことも、その他のことも、意外と報道されていなくて知られていないことが多いです。
でも今回の事故で、色んな事が公開されつつあるなあと思っています。
原発の安全性とか完全な管理などできないこととか、
新聞広告によく書いてあった「原発は安全でクリーンなエネルギー」ではことはないこととか。

今回の記事がお役に立てば幸いです。
今後ともよろしくお願いいたします。

自分の責任

多くの人の無関心・無理解が一番の悪だとよく言われますね。原発事故に関しては、(自分自身も含め)私は誰にも同情しません。被害や影響に対する支援・補償・対応は必要ですが。日本国民のひとりひとりが何かしらの「自分の責任」を感じ、今後行動していく必要があると思っています。

原発を1基立地すると、原発関連の各種交付金や固定資産税等で、20-30年にわたって総額1000億円(最新原発の出力規模での試算)の金が地元自治体(市町村+都道府県)に落ちます。切れそうになると次を立てます。麻薬と一緒です。原発賛成の首長や議員を選んできた地元民もただの被害者ではないことに留意すべきと思います。日本人は情に流されてすぐ思考停止しがちなので。

Re: 自分の責任

H2さn

> 多くの人の無関心・無理解が一番の悪だとよく言われますね

そうですね。無関心というか、情報が提供されてないってことだと思います。

少し興味を持ち調べ始めると、色々なことがわかってきますが、
基本的にそのような努力をするのはめんどくさいし、お上が言ってるなら間違いないだろうと考えるのが、
日本人の体質のように思います。

でも今回、一定程度の知識を持った人が急激に増えたわけですから、
新しい展開があるんじゃないかと思っています。

今まで得、反原発・脱原発の人々と推進派の人々のコミュニケーションが、
全く取れていなかったのが現状です。

脱原発派の言うことは全部ウソ、推進派の言うことは全部ねつ造的な先入観で、
きちんとした議論をされてこなかったのが今まで。反対派は感情的にすぎるとか言われていました。

今後は反原発・脱原発と推進派との間で、それぞれが出す数値をきちんと検証し、
(それぞれが出す数値がぜんっぜん違うんですよね~どっちがほんと?なのかなあ。
一度ちゃんと検証してほしい)
本当に原発がないとダメなのか、代替エネルギーではどうか等、電力の供給という部分と、
消費者としては、節電などのライフスタイルの見直し等々、
議論できる土壌ができるといいなと思いますが、書きながら理想論すぎるかなと思っちゃいましたけど…。

あ、そう言えば海外のある国では
エネルギーを消費者が選択して購入するというしくみを作っているところがあります。

太陽光発電のエネルギーが欲しい人はその会社と契約し、火力エネルギーが欲しい人は別会社と契約する。
日本ではそのしくみが作れない原因(電力の供給システムらしいです)があるらしいのですが、
そういったことができると、誰も原発由来の電力を選択しなくなり、
原発が立ち行かなくなるってこともできそうです。

無理かもしれないけど、そういう社会になっていくといいですね~。
プロフィール

ほんたべ

Author:ほんたべ
手島奈緒
おいしい食べものをつくる人を紹介したり応援したりしております。ブログをまとめた著書『いでんしくみかえさくもつのないせいかつ』(雷鳥社)『まだまだあった! 知らずに食べてる体を壊す食品』(アスコム)『儲かる「西出式」農法』(さくら舎)など。現在ハンター修行中。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
リンク
FC2ブログランキング
FC2ブログランキング参加中

FC2Blog Ranking

フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR