りんごの受粉をしてきました

gazou 083
清楚な感じの「ふじ」の花。品種によって、りんごの花の印象は全く違います。
おおむね花は白く、違うのはつぼみの色合いと咲き方。花びらの形も微妙に違います。
思わず「かわいい!」と叫んでしまう花は「さんさ」かな。



GW最終日。渋滞なしの中央道をすいすい走って、安曇野に行ってきました。

今年のりんごの花は、昨年と比較して1週間ほど遅く、
毎年GW初日には開き始める花が最終日にようやく満開…冬が相当寒かったのですね。

あまりにも花が早すぎると霜害があるため、遅い方が良かったりもするのですが、
こんなに遅いのはここ何年もなかったこと。それはそれでまた心配でもあります。
この後の急激な温度変化がなければいいけどなあ…と思っています。

さて、りんごの受粉ってあまり聞いたことがない人もいらっしゃるでしょう。
昨今ではりんごの受粉をする農家は少数派の部類です。

実は、りんごの受粉は主に蜂が担当していらっしゃいます。
しかし、ミツバチは15度以上にならないと巣から出てきません。

gazou 066
気温20度以上なので、この日のりんご畑にはブンブンとミツバチの羽音が聞こえていました。

gazou 090
ひときわでかい羽音のクマバチ。ふわふわの黄色いえりまきが素敵です。

gazou 091
りんごの花に頭を突っ込んでるツツハナバチ。お尻だけ見えててごめんなさい。
カヤやヨシの筒状の茎のなかに卵を産み、花粉を山ほどつめて泥でふたをして、世代交代します。
長野県ではりんごの受粉に、山形県ではサクランボの受粉用に飼われています。



「アタシたちって、9時から5時まで勤務なの。雨が降ったり寒かったりすると飛ばないの」
組合労働者とも呼ばれるミツバチは、早朝や夕方には飛んでくれないのでした。

そのため、長野県では12度以上温度があると飛び始める
ツツハナバチを飼うことが奨励されています。
この蜂は、5月上旬の2週間だけ巣から出てきて繁殖し、その後休眠する一夫一婦性の蜂。
小さい黒っぽい蜂で、たいへん素早く動くので写真が撮れません。

最近ではツツハナバチを飼う人が減ってるとも聞きましたが、
りんご畑に行くと蜂の羽音がよく聞こえます。受粉昆虫には事欠かないのでした。

なのになぜ人間が受粉するのか。
それは「いい果実がなるから」なのでした。

gazou 062
耳かきのうしろについてるぽわぽわの毛みたいな受粉用のはたきで、
りんごの中心花一個一個に花粉をつけていきます。蜂の仕事を人間がやってます。


gazou 063
中心の花が最初に咲くのがりんごの花の特徴。すごくわかりやすいですね。
中心花がつけばいいので、摘花剤(石灰イオウ合剤)をまいて側花のめしべを焼く人もいます。
合剤をまいた後に霜が降りて中心花がやられると、ちょっと痛いことになったりします。



りんごの花は一か所から5つのつぼみが出てきます。
そのまんなかにある「中心花」が最初に開きます。
通常は中心花が受粉することが多いため、周りの花は必要ありません。
この周りの花は「側花」と言い、中心花が受粉しなかった場合の補助的役割を持っています。

中心花が受粉したけど霜にやられたりすると、側花がりんごになります。
しかし側花がついた場合、種がまんべんなく入らない変形果になることが多く、
贈答用のりんご(ふじ)には使えなくなってしまいます。

りんご農家にとって贈答用のりんごは大変とても大切なもの。

贈答用がたくさん収穫できると経営も潤うので、
これは虫にまかせておけないという農家もいるのでした。

gazou 084
おしべが乾いて茶色くなってます。こういう状態になるともう受粉はしてくれません。
というか、すでに受粉している可能性もあるので、こういう花には花粉をつけません。
わたくし、9時から10時頃まで、この花にも花粉をつけておりました…一時間も…大失敗。



さて、花粉は15度以上28度以下で受粉します。
開花時に温度が高すぎるとダメ。低いとダメ。
で、花が咲いたらすぐ受粉しなくてはなりません。

ふくらんできたつぼみをよく見て「あっ!咲いた!」と思ったらすぐに受粉開始。
山場はだいたい2日間。人海戦術で一気に受粉するので、
ふじの栽培面積が多いと、かな~り大変な作業です。

昔のりんごづくりでは、受粉は蜂の仕事ではなく人間の仕事でした。
その後りんご栽培の省力化で、混植と蜂による受粉が主になりました。

ワイ性台の技術、着色系りんごの育成など、
りんご栽培は時代とともに省力化されています。

gaszou 102
ひとつひとつりんごの中心花に、ぽんぽんとていねいに花粉をつけていきます。
地道でちまっとした作業ですなあ。こういうのは、女性の方が向いてると思います。


gazou 113
花びらがまあるい形のさんさの花。毬みたいでとってもとってもかわいいのです。

gazou 108
緑のりんご「グラニースミス」の花。花がたくさんついて花びらも大きく、
なんとなく多情な印象を受けます。りんごももりもりもりっとたくさん着くので、そんな気がするのかな。



大きな木で脚立を使う作業や、りんごの実に袋をかける作業など、
人手と体力を使う仕事は減ってきています。
最小限の作業でりんごを作る技術を持っていれば、
昔ほどの手間がかからず、面積を増やしていくこともできます。

ただ、「いいりんごのため」の受粉作業は園主の方針でもあります。
どんなに省力化されても、受粉だけは今後も継続していくのだろうなあ…と思うのでした。

今年もきれいなふじがたくさんなりますように。
わたくしの、蜂にも劣る素人の受粉作業が成功していることを祈っています。


★現在ブログランキング参加中です!
↓プキッとクリック、ご協力お願いいたします!



こちらもよろしくお願いいたします!
にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
にほんブログ村
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

安曇野

こんばんは~
安曇野のりんご畑ですか!
何度か登山の帰りに安曇野の山形村で蕎麦を食べましたが、安曇野から見る美ヶ原方面の山は絶景ですね。
近くに温泉も沢山あるし・・・
最近はNHKのドラマ「おひさま」の舞台にもなりました。

安曇野のりんごはもう花を咲かせているんですね。
私はゴールデンウイークに秋田のりんご農家にお世話になりましたが、りんごの花はまだでした。

それはそうと、受粉作業がこんなに大変で奥が深いものとは知りませんでした。
ほんたべさんの記事はいつも興味津々です(^^)/

Re: 安曇野

ポポカさん

こんにちは。

安曇野は年に4回位行っています(正確には梓川村です)。
りんごの季節は白い花が美しくて、やはり特別な感じがしますよね。

温泉も豊かでそばもおいしいし、ここに住みたいなあ…とよく思います。

東北のりんごはまだ先なのですね~。
GWに桜も梅も桃も全部咲くと聞いてたので、りんごもそうかと思ってたけど違うんだ~。

>受粉作業がこんなに大変で奥が深いものとは

そうなんですよ。
しかも今回は、りんごの花粉の増量剤の花粉で思いきり花粉症が発症し、
鼻水ダラダラ・くしゃみ全開で作業しました。

りんごの花粉、侮りがたし!です。

No title

ほんたべさん、こんばんわ。お仕事お疲れ様でした。りんごの受粉を見たのは初めてです。そして、花がこんなに個性的だとは思ってもいませんでした。さんさの花。可愛らしいですね。

>9時から5時まで勤務なの。
ミツバチって、人間のパートと同じような仕事をしていたのですね(苦笑)。そして雨の日はお休み・・・なんていい仕事なんだ!(←おいおい)

おいしいリンゴに育つといいですねー。

Re: No title

駆動さん

こんにちは。

>花がこんなに個性的だとは思ってもいませんでした。さんさの花。可愛らしいですね。

つがるや王林もまた違う感じの花なんですよね。
でもやっぱりかわいらしさ、可憐さでは「さんさが一番!」って感じです。

> ミツバチって、人間のパートと同じような仕事をしていたのですね(苦笑)。そして雨の日はお休み

そうなんですよ。
お日様があがってあったかくなってから夕方までが彼女たちの勤務時間。
雨が降ると巣の中から全く出てこなくて、受粉時の雨降りは大変らしいです。

とくにトンネル栽培のメロンでは、蜂が飛ばないと大打撃なので、
トンネルごとに入れられるちっこい巣を(女王はいない受粉用の蜂)買うらしいですよ~。

ミツバチだけをあてにしていると大変なんです。

でも最近ミツバチだけをあてにしているりんご農家も多いらしくて、
時々「今年は受粉しなくて大変だあ!」とか騒いでるって聞きました。

「ツツハナバチをなぜ飼わないんだろうね~、手間かかんないのに」と
長野のりんごの農家が言ってました。
長野県だけなのかな? 秋田とかではどうしてるんだろう。
プロフィール

ほんたべ

Author:ほんたべ
手島奈緒
おいしい食べものをつくる人を紹介したり応援したりしております。ブログをまとめた著書『いでんしくみかえさくもつのないせいかつ』(雷鳥社)『まだまだあった! 知らずに食べてる体を壊す食品』(アスコム)『儲かる「西出式」農法』(さくら舎)など。現在ハンター修行中。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR