科学的な有機農業を実践するひと 穴水町 西出隆一さん

「健康な作物は土づくりから」
いろいろなところで何度もよく聞く言葉です。
でも「土づくり」って何のこと? そんな疑問を持ったことはありませんか?

その質問に科学的に答えてくださるのが私の師匠でもある、
石川県穴水町で農業を営む、西出隆一さんです。

IMG_0755.jpg
全国各地の農民の畑に行き辛口アドバイスをする西出さん。
2006年夏の北海道視察時のようす。超辛口でしたが、勉強になりました。


「健康な土とは、物理性・生物性・化学性の整った土のこと」
「農業は脳業。やる気と元気と根気が必要」
「農民ならば、自分の畑で作物を観察すること。一日5分作物を見る時間をつくること。
今の農民は自分の作物を見なさすぎる」

従来の「我慢と根性の有機農業」を、「食味が高く収量も増える優位性のある農業」として
考えている西出さん。発想や考え方は従来の有機農業家とは一線を画するものです。

※土の物理性や化学性については、このスペースでは書ききれないため、
下記のWEBサイトをご参照いただけるとと思います。
http://www.hontabe.com/

西出さんが今の土地で農業を始めたのは、45歳の時。
あまりの土の悪さに入植者が全員出ていってしまったほど、
雨が降ればすぐにぬかるむ粘土質の固い土地でした。

今でも雨が降るとべったりとしたぬかるみに足を取られる、そんな土。

しかし西出さんのハウスの中はふかふかで、トマトの支柱が1.2mもすうっと土のなかに入るほど。
ハウスの外と中の土が、もともと同じものだったとはとても思えません。
土は土づくりで変わるのだ。西出さんの畑に行くと、その言葉が実感できます。

あぜに棒
西出さんの畑見学時に試しに通路に支柱を入れてみたら…。
スカッと入りましたです。なぜ1.2mかというとトマトの支柱の高さが1.2mだから。


「土は微生物で耕してやる。微生物は一年に5センチ、土を耕してくれるから。
微生物が生きていける環境を整えれば、土壌病害も出なくなる。
わしの畑では微生物叢が豊かだから、土壌由来の病気は出ない。
だからトマトでもなんでも、無農薬でできとるよ。

無農薬栽培で虫が出た、病気が出たと言う人がいるが、
土づくりがちゃんとできていれば、虫や病気にやられることはない。
そういう人は土づくりができてない。科学的な農業をしてないからよ」

科学的な農業とは、再現可能な農業のこと。
西出さんの農法はあいまいなところのない、誰でも実現可能な農法であることが特徴です。

たとえば、土壌分析の数値をベースにして施肥設計を行うこと。
物理性を確認し、土壌三相分布を整えること。
土壌由来の病害が出なくなるよう、微生物資材とそのエサになるものを土に入れてやること。

土壌三相
「試しに三相を見てみよか?」
フライパンと簡易コンロがあればすぐに測れる土壌三相。
やろうと思えば簡単なんですよね。でも測ってる農民を私は見たことがありません。


これらはどれも理にかなっているけど、今まで誰もしてこなかったこと。

それが可能なのは、東京大学の農学部出身であることが関係あるかもしれません。
研究者や公務員などの道を選ばず、農業者としての道を選択した西出さんは、
農業を始めるにあたり、農業関係の研究について資料を取り寄せ、もれなく調べたと言います。

「いろんな文献を読み漁ったけど、新しい発見はそんなになかった。
昔から同じようなことを皆が研究しとる。

だから自分で実践することにした。思いついたことはなんでもやってみた。
その中で“これはいい”と残ったのが、今の技術。
もっと新しい発見があるかもしれないから、毎年何か試してみる。
その結果を確かめて、使えるものは残す。だから、毎年農業一年生やね」

一般では30回以上の農薬を散布する無農薬栽培が非常に難しいトマトで、
無農薬栽培を実現し、さらに糖度も常に7度以上という食味の良さをキープできるのは、
この努力とチャレンジ精神のたまものでしょう。

グリーンマーク
西出さんのトマトじゃないんですが…
グリーンベースがくっきり出た見るからに糖度の高いトマト。
だいたい5段目までは普通にこういうトマトがなります。
勝負は10段目以上。西出さんは6月から11月まで収穫する作型で25段採るというので驚き。
25段目でも7度近くをキープというので、さらに驚愕。



「おいしくて安全なトマト」が西出さんの畑では次々と生まれています。

「ハウスでトマトをつくるなら、最低でも坪2万の収益を上げること」
獲得した知識と技術を惜しげもなく弟子たちに教え、
高品質で多収が可能な農業を広めている西出さんが彼らに提示する目標です。

トマト農家が聞けば「絶対無理。そんなの夢」という数字ですが、
「坪3万取れました!」という報告が弟子から上がることもあるそうです。

「今の有機農業は対処療法で虫や病気をなんとかしようとしとる。
そういう考え方は農薬をまくのと同じやね。
土づくりをきちんとしてないからそういうもんが出る。
原因をつぶしてやれば、出なくなることがわかっとらん。

有機でやるのにはきちんと理由があるのに、それもわかっとらん人が多い。
堆肥を入れれば有機だと思っとる。
食味の向上も、虫が出なくなるのも、有機だから可能なんだってことがわかっとらんね」

正しいきゅうりの形
正しく生育しているきゅうりの葉は、写真のように等間隔で同じ大きさ。
そしてお日様をじゅうぶんに浴びられるよう上を向いています。まるでハスの葉みたいに美しいですね。
初期にチッソが効き過ぎると下葉の方が上よりも大きくなり、葉はだらりと下がります。
作物の生育状態から肥料の効き具合が見ることも大切。それは日々の観察力のおかげです。


鬼花
西出さんの畑のものではありませんが、チッソが多い場合のトマトの花。
花弁が多く変形しているので「鬼花」と言われ、変形果の原因。
施肥設計を間違えたか、水分管理が雑なのか…とにかくうまく管理されていない状態。


黄緑色
トマト農家がこの色合いを見ると「緑が薄すぎるんじゃないの?」と言います。
緑が薄くても葉っぱが等間隔に互い違いに出て、上を向いているのが適正な状態。
肥料の効きすぎは病気や虫の原因。常に適正値を…それが科学的な農業なのです。



その辛口のアドバイスにも関わらず、師事した人たちからは
「収量が上がった!」「食味が上がって評価が高くなった」と喜びの声が寄せられています。
再現性のある科学的な農業だからこそ、誰でも努力をすればできるのです。

安全でおいしい野菜が一般よりもたくさん収穫できるようになったら。
現在のように特別な人だけが食べられるものではなくなります。

西出さんの農業は、そんな可能性を秘めています。
これはきっと、有機農業の革命。私はそんな風に思っています。


★現在ブログランキング「オーガニックライフ」でベスト10入りを目指してます!
↓この記事いいなと思ったらプキッとクリック、ご協力お願いいたします!





関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

ほんたべさん、おはようございます。
見るからに、厳しそうな人ですね。でも、本物の農家の人を感じさせます。
「有機農業」の一般的な考え方を改めないといけないなと思いました。それにしても土壌がこんなに豊かに変わるとは・・・さすが辛口
アドバイザーさんですね。

*名前を「kudou」から「駆動」に変えました。

確かに厳しい顔かも…

駆動さま

見るからに…確かに辛口っぽい容貌ですね!
でもいろんなことを教えてくれて優しい人なんですよ~。

一般的に有機農業って虫と病気との闘いというイメージが強いですが、
土が変わると、そんなに大量発生しなくなるものみたいです。

農業ってそんなところが面白いですよね!


はじめまして

はじめましてbellと申します
自分は今農業研修生の身なので
まだ土地などもないのですが・・・

西出さんの特集を読んでとても感動しました!
素晴らしい特集を書いてくださってありがとうございます。

ちなみに今、とても不耕起農業にきょうみがあるのですが
特集をしたことはありますか?
もしもあったらトラックバックを教えていただけませんか?

Re: はじめまして

bellさん

ご訪問ありがとうございます。

西出さんの農業は科学的な農業なので、現代農業の「何か出たら農薬や資材をまく」という「対処療法」とは違い、
「虫にも病気にも原因がある、だったらその原因を土づくりでつぶしましょう」というものです。

土づくりだけでそんなことができるのかしら?と思いましたが、実際にできるんですよ~。
新規就農する方にこそ、この知識を得ていただきたいと思っています。

私のWEBサイトで西出さんに教わったことや、今までに得た知識を紹介していますので、
お暇なときに見ていただけると幸いです。

http://www.hontabe.com/

さて、不耕起栽培の件なのですが、実践している農家を知らないのでまだ取材をしていません。
お役に立てなくて申し訳ありませんです。

またのご訪問をお待ちしています。

No title

ありがとうございます!
今後の参考にします

これからも更新楽しみにしています☆
頑張ってください!!

No title

はじめまして。足跡たどって参りました。微生物で耕されたという表現、いいですね~。よい土の中にはよい微生物が活発に働き、でよい農作物が採れるんですよね。そして、微生物の暮らせるよい土で育った植物は自然に免疫力を身につけていると思います。私たち人間も動物もいろんな微生物と共存してるんですよね。皮膚の表面や体の中も。発酵食品で微生物を食べるだけでなく、残飯も微生物に発酵してもらって、土に還し、また違う微生物が大活動してくれています。その中で採れた作物は、わずかでも、家族のような思い入れがあります。土の匂いに癒されています。これからもよい情報を楽しみにしています。

Re: No title

かおりさん

はじめまして。ご訪問ありがとうございます。

微生物の働きって面白いというか興味深いですよね。
発酵や腐敗、分解、そういうもの全て菌がいないとできないっていうのが、普段全く意識できないっていうのが、とても面白いです。

土中の微生物のことが全て解明されたわけではなくて、知らないことがたくさんあるので、いつも菌の働きには魅せられてしまいます。
なのできのこも大好き。生き物なのか植物なのか…きのこも不思議な食べものです。

従来の農業では微生物の働きなどはあまり注目されていないので、微生物の必要さをもっと皆が知るといいのになあと思ったりしています。

今後ともよろしくお願いいたします!
時々訪問させてくださいませ。

No title

ほんたべさんへ


ブログを読んで穴水町 西出隆一さんの圃場をみたいを思いました。

棒が1メートルも入るなんて本当にすごいということがわかります。

まずは、推奨の本があれば教えてください。

私は農家で母と一緒に農業をしています。
いろいろ勉強をしていますが、なかなか思うようにふかふかの土壌にはなりません^0^:。

それから、このコメントのメールアドレスは、記入をすると表示されますか?

初心者ですいません




Re: No title

まりさん

コメントありがとうございます。

まず、メルアドの件。
メールアドレスを記入しても公開はされません。
管理者(わたくし)のみに公開されますので、ご安心ください。

んで、本の件。

推奨の本というのはなかなかないのですが、手前味噌で恐縮なのですが、
土作りの基礎についてはわたくしのWEBサイトを御覧ください。
わかりやすく書いてあります。

http://www.hontabe.com/
(ある大学の教授が「大丈夫、間違ってない」とおっしゃってたので
理論的に間違っているところはないはずです)

この理論が理解できたら、いくつかおすすめできる本があります。
でもまあ、農業技術の本って非常にわかりにくいんですよねー。

ところで、今年中に西出さんと西出さんの教えを受けた
新規就農者を取材した本を刊行する予定です。

その本が出たら読んでみてください。

基礎及び土作りの考え方のようなことまで
網羅する予定でいます。

いましばらくお待ち下さいませ。
プロフィール

ほんたべ

Author:ほんたべ
手島奈緒
おいしい食べものをつくる人を紹介したり応援したりしております。ブログをまとめた著書『いでんしくみかえさくもつのないせいかつ』(雷鳥社)『まだまだあった! 知らずに食べてる体を壊す食品』(アスコム)『儲かる「西出式」農法』(さくら舎)など。現在ハンター修行中。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
リンク
FC2ブログランキング
FC2ブログランキング参加中

FC2Blog Ranking

フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR